【日本を】10・27『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】の正式サイトは→こちら
  で人気ブログランキンクと FC2ブログランキンクをクリックのをお願いいたします!

2011年05月11日

東京港区地価大暴落・治安悪化の危機!

緊急拡散・送信のお願い


お世話になります。


中国大使館がいつの間にか国家公務員共済組合連合会所有の港区南麻布4丁目5677平方メートルの土地を落札しました。大使館は治外法権なので、軍事基地だって建設可能です。


そうなると、中国共産党員が集結し、治安が悪くなり、地価が大暴落してしまいます。


何としても阻止しなければなりません。



あとは野田佳彦財務大臣(post@nodayoshi.gr.jp)が承認すると売られてしまう段階です。

お願いです!「中国大使館へ土地を売る承認をしないで下さい」とメールして下さい。

詳細はこちらをご覧ください。http://p.tl/5m0c

チラシはこちらにあります!拡散してください!

港区・南麻布 中国大使館に売却(カラー).pdf

中国にしっぽ振って土地献上2枚組(白黒).pdf
posted by しーたろう at 02:19| 大至急拡散! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月10日

皆様からご投稿いただきました募集文例をアップいたします。

皆様からご投稿いただきました募集文例をアップいたします。

ご投稿いただきありがとうございました。

募集文例.PDF


posted by しーたろう at 20:00| ◆募集文例◆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

請願書13文例をアップします

請願書13文例をアップします。
ワードファイルです。


「日本解体法案」反対請願書.doc




posted by しーたろう at 18:51| ◆請願書文例◆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

10・27「日本解体法案」反対請願受付国民集会&デモ

10・27「日本解体法案」反対請願受付国民集会&デモの詳細のサイトです。

転載フリーですので、一人でも多くの方にお知らせください。


主催者が作成された文例もありますよ。


「請願受付国民集会&デモ」 実行委員会事務局長 水間政憲

 http://mizumajyoukou.jp/



更新日内容印刷用PDF編集用Word
2009/10/13告知用チラシ【中川昭一先生への追悼・追加版】、発起人追加fileダウンロードfileダウンロード
2009/10/06請願ひな形fileダウンロードfileダウンロード
2009/10/13請願サンプル(01、靖国神社代替施設)fileダウンロードfileダウンロード
2009/10/13請願サンプル(02、外国人参政権)fileダウンロードfileダウンロード
2009/10/13請願サンプル(03、人権擁護法)fileダウンロードfileダウンロード
2009/10/13請願サンプル(04、重国籍)fileダウンロードfileダウンロード
2009/10/13請願サンプル(05、戸籍制度廃止)fileダウンロードfileダウンロード
2009/10/13請願サンプル(06、夫婦別姓)fileダウンロードfileダウンロード
2009/10/13請願サンプル(07、女子差別撤廃条約選択議定書)fileダウンロードfileダウンロード
2009/10/13請願サンプル(08、1000万移民推進)fileダウンロードfileダウンロード
2009/10/13請願サンプル(09、日教組教育復活)fileダウンロードfileダウンロード
2009/10/16請願サンプル(10、国立国会図書館恒久平和調査局)fileダウンロードfileダウンロード
2009/10/18 New請願サンプル(11、地方主権)fileダウンロードfileダウンロード
2009/10/18 New請願サンプル(12、CO2 25%削減)fileダウンロードfileダウンロード
2009/10/13請願サンプル(13、東アジア共同体構想)fileダウンロードfileダウンロード















初めてこの問題を知る方へ

初めて『日本解体法案』反対請願の問題を知った方からのご質問にお答えします。

同じような疑問を持っている方への回答の一例として、問題をよく理解している皆さまも、よろしければご参照下さい。
このままネットでの拡散も、印刷チラシにご利用頂いても結構ですし、
一部分だけのご利用も自由です。
(もしよかったら、この「10・27『日本解体法案』反対請願.com」も一緒に紹介して下さると嬉しいです☆)

**********

Q.この「日本解体法案」がそんなに大事な事なら、新聞やテレビは伝えてくれると思うんだけど・・・

A.マスコミが取り上げる問題の大きさと、事柄の重要性とに必ずしも相関関係はありません。それに、マスコミの多くが「反日」なのです。


Q.えっ、ではなぜマスコミは反日なの?

A.はい、その理由は大きく分けて2つあります。
@日中記者交換協定の存在。
1964年に交わされたこの協定によって「日本政府は中国を敵視してはならず、日本のマスコミは中国の意に反する報道を行わないこと」と決められているからです。もう45年間も中国にマスコミジャックされていて、徐々に洗脳されていたわけですね。
Aスポンサーの意向。
日本国籍でない方が多く経営される業種がスポンサーになっている場合(パチンコ業界など。このごろCMが増えましたね)、その意向を尊重しなくてはならないからです。


Q.「日本解体法案」って言うけど、どれもそんなに悪い法案名に見えないんだけど・・・

A.法案名だけ見れば、確かにそうかもしれません。国民がその危険性に気がつかないように、あえてそうしたネーミングになっているのかもしれません。
でも危険なのは中身です。このブログで文例として挙げているものには、文例の後に1件1件、「参考資料」を付けていますので宜しければご参照下さい。
また、これらの法案名で検索するといろいろな議論が交わされ、危険性も理解できると思います。
是非、ご自身で調べてみて下さい。


Q.日本にとって危険な法案なら、国会で成立させるはずはないと思うんだけど・・・

A.いいえ。これらの法案の幾つかは、既にこれまでの国会で何度も提出されています。これまで成立しなかったのは、自民党が与党であったため、阻止されてきたからです。
政権交代が実現した今、これらが一気に成立する可能性は非常に高いです。
現に、「外国人参政権」「夫婦別姓」については、次の国会で成立させようとする活発な動きがあります。


Q.日本を悪くするような法案を、国会議員が作るわけないでしょう?

A.国会議員だからといって、日本の為に働こうとしているとは限りません。むしろ、与党内には相当数の反日勢力が存在します。
@もともとは外国籍の方で、心は外国人のまま帰化して日本人になり、日本を貶めるために立候補されて当選された方
A日本人なのに、なぜか日本が嫌いな方
B日本が嫌いなわけではないけれど、近隣諸国に国益を譲れば、個人的にキックバックが入ってくる方(「売国利権」というものが存在するのです)
C日本が嫌いなわけではないし、個人的にはとくに金銭的メリットもないけれど、立場上、先輩議員の言うままに行動しなければならない方
などがいて、これらの方の人数を合計すると衆議院・参議院ともに過半数を超えてしまうのです。

中には、法案の危険性すら認識できない議員もいらっしゃるとのことです。

そして残念なことに、本当に国益を考えてくださる方々の多くが、先の衆議院議員選挙で落選を余儀なくされてしまいました(それも、マスコミの影響が極めて大きかった事が原因だと思います)。


Q.でも、民主党のマニフェストには、こんな危険な法案の事は書いてなかったよ?

A.「書かれていない=法案が成立しない」ではないのです。
現に、民主党所属の都議会議員である土屋たかゆき氏は、「民主党マニフェストの問題点」を明らかにし、雑誌に論文を投稿され、民主党除名の危機を迎えながらも「これは、家族・国家の解体である」としてこの問題に真っ向から取り組んでおられます。
内部告発があり、更にこの方を党を挙げて排除しようとする動きだけを見ても、いかに民主党が危険法案の成立に前向きであるか、ご理解頂けるかと思います。
●土屋たかゆき氏のブログ「今日のつっちー」
http://www2u.biglobe.ne.jp/~t-tutiya/cgi-bin/sf2_diary/sf2_diary/


Q.これらの法案が通ったら、日本はどうなるの?

A.ズバリ、日本は解体し、日本は無くなります。
※1995年、李鵬氏(中国の政治家)は、「日本などという国は20年後には消えてなくなる」と発言されたそうです。この時から20年後と言えば、2015年、わずか6年後です。もしかすると、本当のことになってしまうかもしれません。


Q.でもやっぱりこんな法案が通るなんて信じられない!

A.政権交代後、衆議院・参議院ともにこれら法案を密かに推進してきた民主党が最大勢力になりました。強行採決によれば、いかなる法律も成立可能な状態になっています。
これらの問題に気がついた国民が、今、何もしなければ、すべての法案が一気に成立する可能性は極めて高いのです。


Q.私みたいな普通の人じゃなく、もっと偉い人たちがどうにかしてくれるんじゃないのかなあ。

A.全く期待できません!現に国会議員はその「偉い人たち」ではないですか?
その他の「偉い人たち」だって、そもそもこの問題に気がつかなければ何も出来ないのは「普通の人」と同じです。
それに「偉い人たち」は何か気がついて下さったとしても、立場上の色々なしがらみがあって行動できない場合も多いのです。
本当は身分や立場に関係なく、一人でも多くの国民が、問題に気が付いて立ち上がることが最も大切だと思います。


Q.では今、私たち国民ができることって一体何?

A.この「請願」、「集会」、「デモ」に参加することです。「集会」、「デモ」が無理ならば、「請願」だけはご協力下さい。請願書の文例は、このブログにあります。自由に加工してご利用ください。
国会に多くの声が届けば、国会も無視できなくなるし、マスコミだって取り上げずにはいられなくなるはずです。そうすれば、もっともっと多くの方々がこの問題を知ることになるでしょう。
この問題を知った私たち普通の国民が各々、周りの方々に教えてあげて実際に行動すること
―――これが今、日本を、私たちの生活を、救う唯一の手段となっているのです。

※なお、請願は日本国憲法第16条(請願権)に、集会・デモは同法21条(集会・表現の自由)に定められた国民の権利です。安心してご参加ください。

**********

上に書いたことは、〔しーたろう〕の私見ではありません!ネットでお調べになればすぐにわかることばかりです。政治家だけに政治を任せていては、日本は、私たちの生活は、本当に取り返しのつかないことになってしまいます!

日本のために、未来のために、皆さま一人一人のお力が集まる事を心から願っています。
ご理解頂けました方は、どうぞこの事を周囲の方にも教えてあげて下さい。
よろしくお願い申し上げます。


posted by しーたろう at 17:01| 初めてこの問題を知る方へ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
【日本を】10・27『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】の正式サイトは→こちら  で人気ブログランキンクと FC2ブログランキンクをクリックのをお願いいたします!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。